交通事故の後遺障害とは

交通事故は誰の身にも降りかかる可能性のあるものです。いくら注意していても巻き込まれてしまうケースもあるため、万が一交通事故にあってしまった際、自身はどのように動けばよいのか、また、自分自身だけではなく大切な家族や友達が交通事故に巻き込まれてしまった際、力になれるように前もって知識をつけておくことが非常に大切といえるでしょう。現在その渦中にいるひとも是非参考にして頂ければ幸いです。

けが交通事故によるけがは、体に非常に大きな衝撃が加わるため、後遺症が残ってしまうケースも珍しくありません。後遺症が残った場合、交通事故時のけがや損害に対する治療費や慰謝料とは別に損害賠償を請求することができます。しかしながら、すべての後遺症に対して損害賠償を請求できるわけではありません。きちんとした手続きを踏んだうえで認められた後遺症に対して、損害賠償を請求することができるのです。

具体的な流れとしては残った後遺症の診断を医師にしてもらい、診断書を書いてもらったのち、自賠責に後遺障害の等級認定申請を行います。これが認められると、自賠責から障害の症状に応じて1級から14級に分けられた等級が認定されます。これを受けて初めて弁護士等専門家に依頼し、示談を行うことができます。

後遺障害の等級は障害の部位や程度によって細分化されており、非常にたくさんの種類がありますので、ここではどのような後遺障害があるのか、その一部を紹介します。

▼関連記事▼


Comments are closed here.